アクセス|戸畑区で歯科・歯医者をお探しの方は戸畑なかしま歯科まで

時間 日・祝
9:30〜13:00
15:00〜20:00
★木曜・土曜 9:30~14:00
祝日のある週は木曜日20:00まで 土曜日17:00まで
FAX:093-616-1184いい歯よ!

〒804-0081 北九州市戸畑区千防2丁目10-6

  • 電話
  • メニュー

当院の花壇が平成28年10月、北九州市が主催する

「第21回花とみどりのまちづくりコンクール」にて

企業部門新人賞を受賞しました。

 

%e5%8f%97%e8%b3%9e1

 

患者さんはもちろん、町のみなさんに、

ひとときのやすらぎを感じていただければなと、心を込めて育てています。

今回の受賞を励みに、花壇の方はもう来年のお正月~春夏に向けての準備を始めています。

ぜひお楽しみに♪

今後ともよろしくお願いいたします。

 

%e5%8f%97%e8%b3%9e2←春はかわいいお花でいっぱいです★

カテゴリ:2016年 2016年11月23日

当院は本日10月15日で、開院3周年を迎えることができました。
開院以来、地域の皆さま、患者さま、お取引のある企業の方々、
いつも一生懸命で一緒に仕事をしてくれるスタッフの皆さんに支えていただき、
この3年間、研修会や学会、公務以外では1日も休診せずに
一生懸命に診療を続けることができました。
皆さまに改めて心からの感謝を申し上げます。

 

今年は新しいユニット(診療台)を増設、松永副院長も加わってくれました。
矯正専門医の先生にも定期的に来院していただけるようにもなりました。

 

これからも皆さまとの出会いを大切にし、
これからも、より良い医療サービスを提供し、
患者さまが安心して通っていただける様なクリニックになるよう
スタッフ一同努力してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

戸畑なかしま歯科
院長 中島敬介

 

%e9%96%8b%e9%99%a2%e7%a5%9d%e3%81%84

カテゴリ:2016年 2016年10月15日

定期健診の大切さについてお話したいと思います。

 

虫歯がない、治療した歯が1本もないから歯医者に行かなくて大丈夫!!
なんて考えてる方はいらっしゃいませんか?!

 

こんな風に考えてらっしゃる方々が一番心配です。
虫歯が沢山ある人や虫歯になりやすい人は、

頻繁に歯医者に通っているので痛みのない歯周病でも早期発見できるのに対し、
歯が健康で歯医者に通われていない方は、

痛みのない歯周病に気付かず進行してしまっているケースが多々あるのです!!

 

歯医者は痛くなってから行く所だと考えている方が多いかもしれませんが。。。
痛みがなくても、3~6ヶ月に1回は定期健診&歯のお掃除をするようにして下さい。
そうすれば虫歯の早期発見、早期治療、歯周病の早期発見、早期治療ができます。

 

早期発見できれば治療期間も短く、お財布にも優しいですよね。

 

皆さん、一緒に歯を大切にしていきましょう!!

カテゴリ:2016年 2016年9月1日

2016年4月より、新しい機器「エアフローマスター(歯面清掃用装置)」を導入しました。
今までの方法は超音波スケーラーが主流で痛みを多少伴いましたが、
このエアフローはパウダーと超微細ウォータースプレーを気圧によって噴射することにより、
しつこい色素沈着やプラークを素早く除去し、痛みもありません。
またバイオフィルムと呼ばれる微生物により形成された菌の膜も取り除くことができます。

 

またモードの切り替えによって、歯周ポケットへのアプローチや
インプラントのメインテナンスも同時に行うことができるので
歯周病やむし歯の予防、抑制に高い効果を発揮します。

 

今後も患者さんに満足していただける快適な予防クリーニングを提供できるよう、
歯科衛生士一同、努力しながら皆さまをお待ちしております。

 

着色が気になる方は特にオススメです!
検診にお越しの際など、ご興味のある方はスタッフに声をかけてください!

カテゴリ:2016年 2016年7月1日

5月より松永副院長に診療していただいています。

とても優しく、丁寧な診療をされる先生です。

よろしくお願いします。

松永副院長

 

カテゴリ:2016年 2016年6月6日

当院では、定期的に院内にてスタッフ研修を行っています。
スタッフ全体がスキルアップすることによって、
患者さんへより良い歯科診療をご提供したいと思っています。

 

今回の研修テーマは「印象採得の練習」でした。
「印象」とは、歯の型を取ることです。
土台となる型をしっかり取ることは、
より良い詰め物・かぶせ物を作るために、とても重要なことです。

 

今回はスタッフ同士がペアになって、お互いに型を取る練習をしました。
講師の先生に注意するべきポイントやコツを確認してもらいながら、
してもらって気付く事、していて気づく事、いろいろと勉強になりました。

 

今後も患者さんに、より効果的に、より効率的に口腔内の健康維持のお手伝いをするため、
スタッフみんなで技術と知識を向上させていきたいと思います。

 

印象研修

カテゴリ:2016年 2016年6月1日

今年もまた春がやってきました。

医院の前の花壇をぜひご覧ください。

草花がとても綺麗に咲き誇っています。

 

右寄り医院 左寄り医院

カテゴリ:2016年 2016年5月15日

この度の熊本地震により被害を受けられた皆様に
心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

お隣の県である熊本、大分に思いを馳せながらも
まずは今、目の前にいる患者さんと真摯に向き合うことが大事だと信じ、
診療にあたっております。

 

日頃からの備え、大事だと思いました。
皆さんの防災グッズの中には何が入っていますか?
防災バックなどに、ぜひ歯磨きセットも入れておきたいものです。

 

避難所では、歯ブラシがないだけでなく、水が十分になく、
歯・口・義歯の清掃がおろそかになりがちです。
そして避難所では、すぐに食べられるようなパンやおにぎり、カップラーメンなどの食事が
しばらく続くことになるため、栄養も偏りやすく、
また精神的なストレスなども重なり、抵抗力も落ちてしまいます。
口の中を不潔にしておくと、細菌が増えてむし歯、歯周病、口臭などが生じやすくなり、
感染症にもかかりやすくなってしまいます。
特に高齢者では、免疫力が落ちた時に、口腔や咽頭部の菌を肺や気管へ誤嚥することで
肺炎を起こしやすくなるので注意が必要です。

 

とは言え、緊急時には持ち出せないこともあります。
そんな時のために覚えておきたい口腔環境のケア方法をご紹介しますので
お口の中を少しでも清潔に保つために、頭の片隅にご参考ください。

 

・少量の水かお茶を2回に分けて口をすすぐ
・ガーゼかティッシュで口の中を拭く
・食物繊維が多いリンゴなどは後に食べる
・キシリトールガムなどを常備しておく
・なるべく唾液をよく出す

カテゴリ:2016年 2016年5月2日

最近、よく笑っていますか?

笑うことはストレスを発散させるだけでなく、免疫力を高める効果があると言われており、

健康的な生活を送るにはかかせません。

 

そこで今回は自然な笑顔を作れる「笑顔ストレッチ」をご紹介します。

方法はとっても簡単です。

大きく、思いっきり、「は」・「ひ」・「ふ」・「へ」・「ほ」と言う!!!

これを3回、ぜひ一度トライしてみてください。

顔の筋肉と、それから心もスッキリしますよ~(●^0^●)

 

「笑いは心のビタミン剤」とも言われています。

積極的に笑いを心がける生活を心がけたいですね!

 

カテゴリ:2016年 2016年4月1日

歯周病と聞いて、いまいちイメージがわかないし、

自分とは無縁だとお思いの人も多いのではないでしょうか?

 
歯周病は一度進行してしますと完治はしないと言われています。
特に若い方は歯周病で自分の歯を失うというイメージがわかないかもしれませんね。
しかし、実際1本、2本…と、歯周病によって歯が減っていった方の体験談を聞きますと、
自分の歯で噛めていたことのありがたさを感じ、

自分の歯を大切にしなかった事を後悔しているとおっしゃいます。

 

もちろん、最近の歯科の治療方法の進歩のおかげで、もし歯が無くなっても、
代わりに入れ歯やインプラントが無くなった歯の役割を果たしてくれ、
食事に不自由なく過ごせる事もあるかもしれませんが、
やはり、自分の歯とは若干感触が異なるのが事実です。

 

自分の歯でしっかり食事しているご年配の方は元気な方が多いように思います。
なんでも食べるには歯は大切です。

 

歯を無くす原因は色々ありますが、
成人以降は虫歯で無くすよりも、歯周病によって歯を無くす割合が高くなってきます。
さらに、歯周病は世界で一番感染者が多い病気と言われており、ギネスブックにも載っています。
それだけ、皆さんが歯周病におかされる確率は高いのです。

 

歯周病が進行する前に、日々、お口の中のお手入れをしっかりすることと、
定期的に歯科医院での検診、歯石取りをすることをお勧めします。

 

歯科医院に行ったのは数年前だな…とお思いの方、
歯の痛みがなくても、知らない間に歯周病が進んでいるかもしれません。
久しぶりに歯科医院に足を運んではいかがでしょうか?

カテゴリ:2016年 2016年3月1日

1 2 3 4 5 6 7
ページトップへ